入院のご案内 阿久根市 脇本病院

入院のご案内

  1. 病室は6人室、4人室、3人室、2人室があります。室料はいただいておりません。
  2. 治療の為に病室を変わっていただくことがあります。
  3. 看護体制は精神一般は15対1、認知治療は20対1です。
  4. 入院費用について           
    ●入院費は一般(3割負担)、老人(1割負担)および課税世帯、非課税世帯等によって異なります。           
    ●食事負担は課税世帯は1日につき780円、非課税世帯650円です。           
    ●病衣の負担は1日50円です(希望者のみ)。           
    ●その他、共用費・雑費等がかかります。
  5. 医療費は翌月払いで毎月13日前後に請求書をお送りしております。
  6. 携行品等           
    ●肌着、洗面道具、湯呑、スリッパ、チリ紙は各人携行して下さい。           
    ●マッチ、ライター、刃物、薬品、酒類等は持ち込まないで下さい。
  7. 外出・外泊は医師の許可があれば出来ます。お盆やお正月は家族と共に過ごしていただきたいと思っています。
  8. 面会は患者さんの慰めや勇気付けとなりますので、出来る限り面会をお願いします。 面会時間に特に制限はありません。ただし早朝および夜間はご遠慮下さい。
    21時消灯となります。
  9. その他質問等がありましたら、お気軽にお電話下さい。
病室

病室の様子

□精神科の入院について□

外来診察により入院が必要と判断された場合はご本人、またはご家族の合意のもと入院治療の運びとなります。

▲任意入院

本人が自ら入院を希望しての入院となります。自ら希望する入院ですので、自らの申し出により退院もできます。ただし、精神保健指定医が、本人の医療及び保護のために退院が望ましくないと判断した場合は、書面にて十分な説明をしたうえで72時間に限り退院を制限することがあります。入院形態の中では、任意入院が望ましいことから、病院の管理者は出来る限り任意入院ができるように努めることとされています。

▲医療保護入院

精神保健指定医が、本人の医療及び保護のために入院が必要と判断しているが、本人が入院に同意しない場合、ご家族等の同意により入院となります。ご家族等がいない場合や、やむを得ず責務を果たせない場合は、市町村長が同意者となります。医療保護入院で入院した場合も、病状の改善や本人の同意が得られる状況になった場合は、任意入院に切り替えられます。

 

訓練風景

訓練風景1 訓練風景2

このページのトップへ